藤沢市 自治会・町内会 | えのぽ

あいさつ運動によるまちづくり 《大和市 南林間自治会連合会》

大和市の南林間自治会連合会は次の6自治会で構成されています。
「南林間東北自治会」 「南林間東南自治会」 「南林間北自治会」
「南林間西北自治会」 「南林間西南自治会」 「南林間南自治会」
≪この記事は南林間自治連会長・あいさつ運動推進委員長取材により作成しています。
(この記事は「はばたく明日のまちづくりー自治会・町内会活動事例集ー」より転用してます) 

あいさつ運動の発端
 南林間自治会連合会の事業として「安心、安全なまちづくり」が取り上げられ、身近な問題として災害時の助け合いを手掛ける時「顔見知り」であることが大切との考えのもとにあいさつ運動に取組んだのが発端となりました。
 学童に対しては、登下校時に学校前、横断歩道各所で見守り隊・南林間エンジェルスを中心にして、この運動の輪を広げていきました。
 学童以外の一般の人に対しては、南林間駅前で行っています。「相手より先に声を掛ける」「根気よく続ける」をモットーに、これまで3年間続けています。       

あいさつ運動の運営方法
 この運動の推進のために、連合会内に「あいさつ運動推進委員会」が設けられ、役員は委員長と副委員長2名、会計1名、理事3名、委員30名が各自治会からの選出によって構成されました。委員は登録制にして、役割の自覚とともに責任を持たせています。委員は5~6名でグループをつくり、専用の幟を立て、そろいの帽子、ジャンパー、たすきを付けてそれぞれに学童各地域班は登下校の時間帯、南林間駅東口班・西口班は9時から9時20分まで輪番・交代制で行っています。

minamirinkan1
あいさつ運動参加者
minamirinkan3minamirinkan2
南林間駅東口と西口での活動

これまでの成果
 あいさつ運動を始めてから3年経過していますが、学童の反応はよく、親しみのあるあいさつが交わされる効果が見られるようになっています。
 一方、南林間駅前での一般の人の反応は「明るい声を掛けられて元気が出る」との声が一部に聞かれるものの、総体的には思わしい反応がないようです。
 運動開始当初に立てた「根気よく続ける」のモットーと連合会の方針「楽しくやる」をもとに意欲を持って続けていくことにしています。
 この運動を進めるために、「あいさつ運動標語」を募集し、優秀作品の公開や駅等でのティッシュペーパー手渡しなど、促進活動を行っています。
 自治会活動を上げて連合会レベルに拡大し、結束して事業の充実、活発化、拡大化を図っています。運営は「楽しくやる」のスローガンが行き渡っているため、参加者動員を容易にし、自主性を尊重して任せる方法がやり甲斐につながり、中高年の女性の活躍の場となっています。

今後の課題
実施の日程・ 曜日・ 時間の検討と活動範囲の拡大および運動を継続すること。

≪取材して≫ 
災害が起きたときスムーズに助け合えるようにと「あいさつを掛け合う」運動を南林間自治連で取り上げ、委員会方式で広域に展開されています。南林間自治連会長・あいさつ運動推進委員長・各自治会長と多くのメンバーの方々がいきいきと活動されているのを見て頼もしく思いました。  【M・A】

 

 

入会するには

区域内にお住みまいの方は、どなたでも自治会・町内会に加入できます。

お近くの役員の方にご相談ください。
自治会・町内会加入の手引き 一緒に楽しい地域づくり

 加入のご案内リーフレット(PDF1,288KB)

自治会町内会ハンドブック

藤沢市では,自治会・町内会が活動していく上での参考資料として「自治会ハンドブック」を作成しています。
handbook2017

自治会町内会 活動事例集

藤沢市自治会・町内会の活動事例集です。ーはばたく明日のまちづくりー
j自治会・町内会活動事例集

自治会町内会 加入促進マニュアル

藤沢市自治会・町内会の運営に参考となる「加入促進マニュアル」です。
kanyuusokushin