藤沢市 自治会・町内会 | えのぽ

いざというときに地域で使える水を確保しようと、茅ケ崎市の美住町自治会(約1300世帯、約3100人)が、小和田公民館の敷地内に防災用の手動式井戸を掘削設置した。同市内の公民館に井戸が設けられたのは初めて。同自治会の朝岡通光会長(77)は「防災訓練にも活用して、防災意識を育てる省庁にしていきたい」と話した。(2017/10/18)
⇒詳細 カナロコ   タウン情報(茅ヶ崎版)