藤沢市 自治会・町内会 | えのぽ

大規模災害時には、住民同士の「共助」が不可欠になる。東日本大震災や熊本地震で被災者支援に当たったNPO関係者は、近所づき合いが比較的少ないとされるマンションなどでも、日頃から関係を深めておくよう呼び掛ける。
 「東日本大震災では、当日中にマンション内に自主避難所を立ち上げ、数日後には近くの避難所に一部住民が出向いて、ボランティアに当たったところもあった。自治会を組織していたのに加え、いざという時の手順を事前に決めていた成果」。NPO法人「かながわ311ネットワーク」(横浜市神奈川区)の伊藤朋子代表(62)はこう訴える。(2019/3/12)

⇒詳細 東京新聞|TOKYO Web