藤沢市 自治会・町内会 | えのぽ

 辻堂元町の東町町内会(森好司会長)会報「東町だより」が3月25日に刊行20周年を迎えた。1995年5月の発刊以来、年6回、奇数月に1度も欠かすことなく発行。町内の話題を届け、住民たちの心と心をつないできた。
 発刊翌年から今も変わらぬ「東町だより」の題字。モノクロ、タブロイド判2頁の紙面には、最も旬な話題を伝えるトップ記事をはじめ、「辻堂の歴史」についての連載や町内会各部のイベント告知、お悔やみ欄、行った催しの様子を伝える記事などが満載だ。
⇒詳細 タウンユース藤沢版(2015年4月3日号)

sakura 1徐々に開花し始めた城山3丁目の桜。住民や行政が今後の方針を模索する中、4月4日(土)には桜について考えるイベントが開催される。
 発起人は、桜の伐採中止を求めた地元の瀬戸ひふ美さん(31)。「地元の方だけでなく多くの人に参加してもらい、満開の桜を見ながら話し合えれば」とねらいを語る。『桜の保全を考えるワークショップ』と題し、午後1時30分から午後3時30分まで。参加無料、小雨決行。伐採された場所(城山3の16の22)に集合。
 当日は、(株)湘南グリーンサービス(藤沢市)の代表を務める樹木医・冨田改さん(69)も参加。3丁目の桜を一緒に見てまわり、1本ごとの状況や、健康状態をチェックできるポイントを説明する。桜の見学後には、参加者らで意見交換を行う予定。
⇒詳細 タウンニュース (2015年3月28日)