藤沢市 自治会・町内会 | えのぽ

 地域の魅力を活かして地域づくり《御所見地区 宮原自治会》
宮原は豊かな田園風景が見られる地域です。露地栽培やハウス栽培によりトマトやキュウリなどのいろいろな野菜が栽培されています。また植木の生産販売業者や造園業者が連なり緑豊かな地区となっています。宮原のほぼ中央に由緒ある「宮原寒川社」があります。世帯数は878世帯で地元の方と転入された方との交流が課題となっています。宮原自治会では安全で安心な地域づくりを柱として環境保全の向上等に努め、地区の皆さまのご支援をいただきながら、自治会活動を運営しています。                   
(この記事は「はばたく明日のまちづくりー自治会・町内会活動事例集ー」より転用してます)
       

農業体験と地元野菜を使った「料理教室」で地域をつなぐ
~「宮原コミュニティかわせみ」の活動~
「宮原コミュニティかわせみ」は、平成22年に藤沢市宮原地区の地域活性化交流施設として建設されました。運営は「公設民営」方式で、宮原自治会会員および藤沢市農業水産課などで「運営委員会」を組織して運営にあたっています。自治会傘下で「みんなで地域で触れ合おう」を目的に活動しています。
「かわせみ」の活動は、大きくは3本の柱で構成されています。
◆農業体験を通しての地域活性化
かわせみ農園で無農薬野菜を栽培し、収穫した野菜はイベントで使用する他、地域のコンビニでも販売しています。11月に行なわれる「かわせみ収穫祭」は地域のお祭りとして定着しています。(写真はかわせみ農園と「かわせみ収穫祭」の様子)

miyahara1miyahara2

◆食育研究会の活動
「かわせみ」では農園で取れた野菜などを使って創作料理教室を開催し、パン作りや恵方巻きつくりなどに挑戦しています。
◆伝承事業への取り組み
桃の節句/雛祭り、お正月のお飾り作りなど、地域伝承文化の継承にも積極的に取り組
んでいます。

miyahara3祭りで地域の活性化  ~「宮原寒川社」の活動~
宮原寒川社は宮原地区の鎮守で、祭神は寒川彦命(さむかわひこのみこと)、誉田別命(ほんだわけのみこと)、寒川姫命(さむかわひめのみこと)を合祀しています。
お祭りには宮原自治会も協力し、宮原地区を盛り上げています。
地区の人たちは、宮原寒川社があることとお祭りを誇りにしています。

 

 

 

 

miyahara4「レンゲの里まつり」 への参加で地域をPR 
目久尻川流域の宮原耕地で毎年、宮原耕地検討委員会主催でレンゲの里まつりを開催しています。綺麗に咲き誇るレンゲを見に各地から多くの人が訪れます。
婦人部で美味しい豚汁を作り、まつりを盛り上げるとともに宮原をPRしています。

 

 

 

miyahara5宮原自治会では事業の一環として「あじさいロード」 を清掃管理
宮原耕地に「中川」という小さい川があります。その川辺に沿って1000m以上にわたり、あじさいが植えられ「あじさいロード」が整備されています。
自治会のメンバーにより、1ヶ月に1回、清掃管理を実施しています。
昨年に植えられた小さいあじさいもありますが、いっぱいに花をつけて地域の皆さんが和むよう、メンバーで手入をしています。

 

≪取材して≫ 

宮原自治会は、会長が先頭に立って自治会運営を積極的にリードされています。目久尻川流域の田園と宮原寒川社が魅力です。この魅力を活かした活動で地域が活性化しているように感じられました。   【M・T】

入会するには

区域内にお住みまいの方は、どなたでも自治会・町内会に加入できます。

お近くの役員の方にご相談ください。
自治会・町内会加入の手引き 一緒に楽しい地域づくり

 加入のご案内リーフレット(PDF1,288KB)

自治会町内会ハンドブック

藤沢市では,自治会・町内会が活動していく上での参考資料として「自治会ハンドブック」を作成しています。
handbook2017

自治会町内会 活動事例集

藤沢市自治会・町内会の活動事例集です。ーはばたく明日のまちづくりー
j自治会・町内会活動事例集

自治会町内会 加入促進マニュアル

藤沢市自治会・町内会の運営に参考となる「加入促進マニュアル」です。
kanyuusokushin